自力覚醒しました(ネタバレ注意の実戦編)

2020年6月11日

下準備を整えステータスについて書いたらあとは実戦です。
性質上、この記事はネタバレで多くを構成しますので、困る方はブラウザバックをお願いします。

今回の前提条件として、挑戦したキャラの武器種はメイン聖剣/サブ琴です。

覚醒クエスト全般について

とにかく、覚醒クエスト以外のことは考えないでください。

これについてはクリアの秘訣ともいえるもので、余計なことを考えていると失敗しやすくなります。
このような記事を書くことを考えていたり、スクリーンショットを撮ろうと考えていたりすると気が散って失敗します。
頭を空っぽにして、覚醒クエストをクリアする以外のことは考えないでください。

また、最後まで気を抜かないでください。
もうちょっとというところで油断すると失敗する原因になります。

覚醒の間から出てナディアに戻ったり、ログアウトしたり、回線が切れたりすると最初からやり直しになってしまうため、注意してください。最初の敵からやり直す必要があります。
死んだ場合、その敵については最初からやり直しになりますが、既に倒した敵は復活しません。

攻略方法

大量に用意したHPポーションを使用して、ゴリ押しする方針で行いました。
HPポーションが有効な間は、HPが毎秒5%回復できるため、回復の大きな助けになります。それでも油断すると間に合いませんが、気を抜かずに行っていれば間に合うでしょう。

また、聖剣/琴であることから回復手段が複数あります。これらの回復手段を併用することで死なないようにします。

基本的にはまりーにゃさんの記事(http://merismmo.blog.fc2.com/blog-entry-81.html)をベースに進めていますが、上記の攻略方法ゆえに少し異なる部分があります。

ダークナイト戦

重なってHPを削る戦法とは言われますが、つまるところ逃げずに攻撃し続ける戦略になります。
一般的な方法と異なるのは、すべての攻撃を受け切って、ダメージはポーションに加え、聖剣や琴のスキルを使って回復する方法をとっていることです。

無理な回避行動をすると却って操作ミスを誘発し、失敗する恐れがあるために次のようなことだけを頭に入れて戦っていました。
疑似プログラミング言語的に書けば以下のような感じでしょうか。

while (敵が生きている == true) {
 if (HPが満タン) {
  攻撃
 } else if (HPが少ない) {
  回復
 }
}

早くクリアしようとチャージによる攻撃など、複雑な操作を絡めると上記のような基本操作を忘れて死ぬリスクがあります。
そのため、今回は着実にHPを削っていく方針で進めています。これは次のイーサル戦以降も同様です。

イーサル戦

覚醒の間の中で最も難しいと感じた敵です。

イーサルの周りをぐるぐる回りながら、隙を見て攻撃する戦法で行います。
攻撃については避けることを原則としているため、幻神の挑発スキルは使っていません(常にタゲが自分に向いている状態です)。

イーサル戦においては、できるだけイーサルとの間合いを広げないようにしてください。つまり、できるだけ小さい範囲で回り続けることを心掛けてください。これには次のような理由があります。

第1に、あまりにも間合いを取りすぎるとイーサルの予備動作が分かりづらくなります。赤床は出ますが、イーサルを見失った結果、どちらから攻撃が飛んでくるのかが分からなくなります。
次に、できるだけ小さな半径で回ることでイーサルの背後に回りやすくなります。グラウンドのトラックをイメージしていただければわかりますが、外周近いところにいると角速度が遅くなってしまいます。
イーサルの攻撃はほぼ無限遠に飛んでくるものがありますので、離れたところで攻撃を回避しやすくなるわけでもありません。
最後に最重要なポイントですが、イーサル戦に限らず石でできたこの円形のフィールドから出てしまうとバトル終了となってしまいます。つまり、イーサルのHPは全回復してしまい、やり直しになってしまいます。
外周近くを走っているとうっかり外に飛び出してしまう可能性があります。できる限り中心近くを陣取ってください(これで2回くらい失敗している)。

中心近くをできるだけ小さい半径で回りながら攻撃を繰り出していきます。聖剣であればブレイクソードとホーリースラッシュを織り交ぜて攻撃すればよいでしょう。回復には覚醒(聖剣)の長押しとリトルラブソング(琴)を使います。
無理にチャージ攻撃をする必要はありません。聖剣のスキルである覚醒は、長押しでエナジーブラストを消費して発動すると毎秒6%のHPを10秒間回復できます(メイン武器としての使用時)。HPが少なくなった場合は、無理に攻撃せず死なないようにすることを考えましょう。

上の画像のように、イーサルの目の前に直線状の赤床ができた場合は速やかに退避してください。
この攻撃を受けるとしばらくスタンしてしまい、死につながります。
HPが満タンの状態で受けた程度であれば、あらゆる手段をもって回復を尽くせば復帰はできますが、攻略が長引きますので避けてください。

起源の使者戦

上記の2人に比べれば楽ですが、最後まで気を抜かないでください。

上記の2人に対して行ってきたことを実践すれば良いだけですが、この起源の使者はスキル封じを使ってきます。
スキルを封じられても、それにより発動されたバフは消失しません。タイミングを読んでスキルを使うと有効に攻撃や回復ができます。

晴れて覚醒

上記の3人を倒せば、起源のコアと合成して輝く起源のキューブを手に入れられます。
これを使うことで、覚醒の鍵が手に入り、晴れて覚醒ができます。

これを使用すると…。

待ちに待った覚醒の鍵です!
ザルシャンにクエストを報告し…

晴れてSLv1へのレベルアップを果たすことになります。
1キャラ目のクリアなので「覚醒の間を突破」のテロップが被っています。

ここまでの所要時間は1時間15分、使ったHPポーションの数は758個でした。